ブランドアイテム

40代50代一粒ダイヤネックレス後悔なしの選び方!一生ものブランド!

 

「40代50代で一粒ダイヤモンドネックレスの後悔しない選び方やブランドはある?」

 

控えめながらも存在感が強い一粒ダイヤのネックレスは、季節を問わずつけられて、実はとってもコスパが高いんです。

とはいえ、一粒ダイヤのネックレスは、色んなタイプがあるので40代50代女性はどれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

 

  • 40代50代一粒ダイヤネックレスの後悔しない選び方は?
  • 40代50代一粒ダイヤモンドネックレスの一生ものブランドは?

そういう方に、一粒ダイヤネックレスの後悔しない選び方をご紹介いたします!

 

一粒ダイヤのネックレスをチェック!

 

40代50代一粒ダイヤネックレスの後悔しない選び方!

 

実は、一粒ダイヤのネックレスには色んなタイプがあります。

みんな同じと思ったら意外と違いがあるんです。

 

選ぶポイントは以下になります。

一粒ダイヤネックレスを選ぶ6つのポイント

  1. 大きさ
  2. 品質
  3. 金属の種類
  4. 石座の種類
  5. 可動タイプか固定タイプか
  6. バチカンのタイプ

 

些細な違いでも印象は、結構変わってきます。その違いと選ぶポイントを1つ1つ詳しくご紹介しますね!

ぜひ、40代50代のベストな後悔しない一粒ダイヤのネックレスを選んでください。

 

一粒ダイヤの大きさ

 

一粒ダイヤのネックレスは、0.1ctからあるのですがどの大きさを選べば良いのか迷いますよね

ダイヤの大きさで付けたときにどんな感じに見えるかご紹介します。

 

ダイヤの大きさで見える印象の違い

  • 0.2ct・・・小ぶりで可愛い。
  • 0.3ct・・・一番多い大きさ。
  • 0.5ct・・・存在感が出てくる大きさ。
  • 1.0ct・・・存在感あり。

 

ダイヤの大きさに関しては、予算や好みの部分が大きいと思いますが、0.2ct以下だと印象としては小ぶりになります。

年代が若い方だと0.2ctぐらいのものをしてる方も多く見られます。

 

一粒ダイヤだけで成立するネックレスだけにダイヤの大きさは、トップの大きさになります。

なので、40代50代女性になるとある程度大きさがあった方がいいかと思います。

 

最低0.3ct、できれば0.5ct以上がおすすめです。

気軽に付けたい場合や他のネックレスと重ね付けされる場合は、そんなに大きくなくても見栄えはします。

 

もし、単体でつける場合は、ある程度大きさがあった方が年齢を重ねても物足りなさを感じにくく長く使えます。

 

一粒ダイヤの品質

 

40代50代におすすめのダイヤの品質をご紹介します。

 

まず、Clarity(透明度)は、Sl1以上。

つまり、最低肉眼で内容物が見えないぐらいのグレードになります。

 

次に、Cut(カット)は、VeryGood(ベリーグッド)かExcellent(エクセレント)がおすすめです。

カットがいいと、多少小さくても輝きがちゃんと出ます。

 

Color(カラー)はG以上。

つまりD、E、F、Gのどれかがおすすめです。これは普通に見て無色に見える範囲になります。

 

一粒ダイヤのネックレスはシンプルなだけに、デザインを楽しむというよりもダイヤモンドそのものを楽しむ要素が大きくなります。

 

金属の種類

 

金属の種類ですが、これはプラチナが金かになるのですが、好みになります。

合わせて使うピヤスやリングがある場合は、その金属と合わされるといいでしょう。

 

石座の種類

 

シンプルな一粒ダイヤモンドのネックレスですが、細かな部分のデザインが、見え方や使い勝手に影響してきます。

石座の種類ですが、大きくわけて3つあります。

 

石座の種類

  • 4本爪
  • 6本爪
  • 覆輪留め(ふくりんどめ)

 

4本爪は、4本の爪で止まっているのですが、爪の位置で見えるダイヤの形が違って見えます。

たとえば、こちらの一粒ダイヤのネックレス↓

4本爪で止まっているのですが、ダイヤモンドが四角に見えませんか?

 

そして、こちらの一粒ダイヤのネックレス↓

 

こちらも同じ4本爪なのですが、こちらの位置だとひし形に見えます。

このように、爪の位置で見え方が変わってくるのです。

 

こちらは6本爪になります。

 

こちらは6本の爪でとめていて丸に見えますね。

爪がたくさんあるのが好きではない方は、4本とか少ない本数がお好みかと思います。

 

そして、こちらは覆輪止めです。

 

覆輪留めは、文字通り石の輪郭を覆って留めるとめかたです。

この石座は結構人気があります。というのもダイヤの周りに金属があるぶん全体が大きく見えるからです。

 

ただ、同時にダイヤに光が入りずらいので、少しダイヤが暗めに見える可能性があります。

覆輪留めは、ダイヤを覆っている部分にミル打ちといって点々の加工を入れると雰囲気がアンティーク風になって可愛いです。

 

覆輪留めのミル打ち↓

 

可動タイプか?固定タイプか?

 

バチカンにチェーンが通っていて動くタイプとダイヤの石座にチェーンが固定されて動かないタイプがあります。

 

可動タイプ          固定タイプ

 

可動タイプの特徴は、つけている人が動いてもダイヤが常に中心に収まります。

一方、チェーンが固定されているタイプは、つけている時に気づいたらダイヤが中心から外れてしまっていることがあります。

 

そして、金具の後ろの収まりですが、可動タイプは気づくと金具が前にきていることがあります。

これは、一粒ダイヤのネックレスに限ったことではなくネックレス全般に言えることです。

 

一方、チェーンが固定されてるタイプは金具が前にこないので、そういう点でのストレスはないでしょう。

 

バチカンのタイプ

 

バチカンというのは、チェーンを通す金具です。

トップを固定しないで動く状態にするには、バチカンという金具が必要になります。

 

バチカンは大きく分けて2タイプになります。

  • ぶら下げタイプ
  • 直付けタイプ

 

ぶら下げタイプは、チェーンを通す金具からダイヤがぶら下がっている感じです。

バチカンの存在感が出るのでダイヤが小さめだとバチカンの存在が目立ってしまうことがあります。

 

そして、直付けタイプは、バチカンがダイヤの石座に直接くっついているものです。

すっきりしていてどちらかというと現代風になります。

 

バチカンが小さいものほど目立たないのでダイヤを際立たせることができます。

ちなみに0.3ct以上の大きさになってくると石座にチェーンを通すことでバチカンなしの可動式にすることができます。

 

【LUKY BAG】人気ブランドの選べる『福袋』販売中!! PRADA, COACH, FURLA, GUCCI etc.

 

まとめ

 

40代50代一粒ダイヤネックレスの後悔しない選び方をご紹介してまいりました。

 

40代50代になってくると、体形も似合うジュエリーも変化します。

20代の頃は可愛らしく思えたプチなダイヤモンドは、10年後20年後には小さすぎて物足りなくなってしまうことも。

 

現在の服装や好み、生活スタイルだけではなく、ものとしての確かさ、長く楽しみ続けられるかをイメージしながら選んでみてくださいね。

 

一粒ダイヤのネックレスをチェック!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.