ブランドアイテム

丸顔・ベース顔や大きい顔に似合うピアスとは?タイプ別ピアスの選び方!

 

アラフィフ主婦
アラフィフ主婦
大きい顔に似合うピアスってあるのかな?顔を小さくみせるピアスの選び方が知りたいな~

 

ピアスのような顔回りのアクセサリーは、着ける人の印象に大きな影響を与えるものです。

顔が小さい人は、小さいピアスでも十分映えます。

 

ですが、「大きい顔の私に似合うピアスがあるのだろうか」と悩んでしまいますよね。

ところが、選ぶピアスによっては、ぐんと小顔効果を発揮したり、洗練されたイメージを演出したりできます。

 

そこで、今回は「大きい顔に似合うピアスってある?タイプ別顔を小さく見せるピアスの選び方!」をお伝えしてまいります。

 

大きい顔に似合うピアスってある?

小さいピアスはさける

 

大きい顔の人は、大きなピアスを避けがちですが、小さいピアスを着けると相対的に顔が大きく見えてしまって逆効果になります。

たとえ一粒ピアスでも、パールでいえば8ミリ以上のものを選ぶようにしましょう。

 

ある程度大きさのあるものを選んだほうが、バランスよく見えます。

 

自分の顔のパーツを知る

 

大きい顔にも似合うピアスを見つけるには、自分の顔の中の「目・鼻・口」といったパーツの特徴を知るのが大事です。

顔のパーツの大きさと似合うピアスの大きさは比例します。

 

なので、目鼻立ちがはっきりしている人は、大きめのピアスや個性的なデザインのものが似合います。

 

大きい顔でも小顔に見える!顔型別似合うピアスの選び方!

丸顔タイプ

 

丸顔タイプさんは、顔の縦と横の長さが大体同じになります。

なので、長さのある下がったピアスで縦ラインを強調すれば、大きい顔をシャープに見せることができます。

 

丸顔タイプが似合うピアス
  1. ドロップタイプ
  2. 揺れてさがるタイプ

 

①のドロップタイプや細長いチェーンの先にチャームや宝石がついた揺れるデザインのタイプは、縦の印象を与えることができます。

ですので、大きい顔でもシャープに見せることができます。

 

横幅や丸みのあるデザインは、顔の横幅を強調し、大きく丸い顔をより丸い印象にしてしまいます。

 

シルバー925 ピアス ティアドロップ を見てみる

 

四角い顔タイプ

 

大きい四角顏さんは、縦横の比は同じくらいですが、エラを目立たないようにするのがポイントになってきます。

そのためには、耳元に丸みを持たせたピアスを持ってきて、卵型に近づけると大きい顔でもスッキリした印象に。

 

四角顔が似合うピアス
  1. 丸みを描くフープタイプ
  2. コロンとしたスタッズタイプ
  3. 小さなドロップタイプ

 

スクエアなものや面が大きなもの、または長すぎるものは、顔の下にボリュームを出してしまうので注意。

 

フープピアス ピアス  ゴールド (18k メッキ) シルバー (プラチナ メッキ)を見てみる

 

卵型タイプ

 

大きい顔の卵型タイプさんは、基本的にバランスが良い形なので、どんな形でも似合いやすいと言われています。

 

大きい卵型顔が似合うピアス
  • シンプルな一粒パール
  • 一粒ピアス

 

なかでも、顔型の印象を左右しないシンプルな一粒パールやピアスなどがとても似合います。

 

アコヤ真珠 パールピアス 7.0-7.5mm を見てみる 

 

ベース型タイプ

 

大きい顔のベース型タイプさんは尖ってシャープなあごになるので、クールな印象に見えるます。

 

ただ、頭のハチが張って、顔の横幅が広く見えてしまうことがあります。

なので、ピアスで縦長に見せながら優しい印象を与えるのがポイントです。

 

ベース型顔が似合うピアス
  1. ボリュームのあるドロップ型
  2. イヤーカフ
  3. スタッズタイプ

 

あごの細さをカバーして、やさしいイメージにするには、ボリュームのあるドロップ型のものを選ぶのがポイントです。

あごに近いラインに、横幅が出たように見えるので、顔全体のシルエットがふんわりとした印象に。

 

また、イヤーカフや横幅があるスタッズタイプは、上に視線をそらすことができます。

あごの細さを強調したくない場合は、先が細いもの、逆三角形のデザインは避けましょう。

 

【楽天ランキング1位】イヤーカフ silver925を見てみる 

 

面長タイプ

 

大きい顔の面長のタイプさんは、長さを強調したくないので、縦長のピアスや、ぶら下がり系のピアスをつけるとより強調されてしまいます。

 

面長顔が似合うピアス
  1. 丸いピアス
  2. 幅が広いピアス

 

大きい顔の面長タイプさんは、横幅を強調することができる丸いピアスや幅が広いものが似合います。

ころんとした丸いデザインを取り入れてやわらかい印象を演出するのがポイント。

 

細長い華奢なデザインは、縦の長さを強調してしまうので避けた方が良いですね。

 

スタッドピアス 留めるシルバーピアスを見てみる

 

まとめ

 

「丸顔・ベース顔や大きい顔に似合うピアスとは?タイプ別ピアスの選び方!」をお伝えしてまいりました。

大きい顔でも似合うピアスをお探しのあなたに、顔のタイプ別で似合うピアスの選び方をまとめますね。

 

【顔型別自分に似合うピアスの選び方】

  • 丸顔さん・・・ドロップタイプ・揺れてさがるタイプ
  • 四角顔さん・・・フープタイプ・スタッズタイプ・ドロップタイプ
  • 卵型さん・・・一粒パール・一粒ピアス
  • ベース型さん・・・ドロップ型・イヤーカフ・スタッズタイプ
  • 面長さん・・・丸いピアス・幅が広いピアス

 

以上が、大きい顔でも似合うピアスをお探しのあなたに伝えたいことのまとめです。

大きい顔でも、選ぶピアスによってスッキリ小顔に魅せることができます。

 

似合うピアスを見つけてあなたの魅力度をアップするきっかけになれば嬉しいです。

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.