40代50代ファッション

【40代50代財布】恥ずかしいレディースブランドはポーター?コーチ?

 

「40代50代の財布で恥ずかしいレディースブランドってどれかな、ポーター・コーチ・ヴィトンは恥ずかしいの?」

 

若いころは、可愛いだけの財布でも良かったのですが、40代50代になって持ってて恥ずかしいと思われる財布は避けたいですよね。

40代50代の財布で恥ずかしいレディースブランドが気になるのではないでしょか?

 

  • 40代50代財布の恥ずかしいレディースブランドは?
  • 40代50代の財布でポーター・コーチ・ヴィトンは恥ずかしい?

など、40代50代の財布について知りたいことが多いはず。

 

そういうわけで今回は、40代50代財布の恥ずかしいレディースブランドについてご紹介します。

 

信衣
信衣
ポーターやコーチ・ヴィトンが恥ずかしい財布なのかもご紹介しますので参考にしてみてくださいね!

 

40代50代のセンスのいい財布を知りたい方へ

40代50代センスのいい財布のレディースブランド!選び方も紹介!

 

40代50代財布の恥ずかしいレディースブランドはどれ?

 

バッグの大きさ合わせて変えたいお財布は、選び方にその女性の品がでます。

生活感が出るお財布こそ、40代50代女性は選び方に気を遣うべきアイテムです。

 

では、40代50代が持ってて恥ずかしい財布のブランドはどれなのでしょうか?

 

40代50代でポーターの財布は恥ずかしいブランドなの?

 

ネットで検索したときに「ポーター財布恥ずかしい」と出てくるのが気になりますよね。

40代50代の財布でポーターは恥ずかしいブランドなのでしょうか?

 

結論から言うと、40代50代女性は、ポーターガールの革財布であれば恥ずかしくありません。

ポーターは、日本を代表する鞄メーカー 吉田カバンの自社ブランドです。

 

そのレディースラインとして、2009年にポーターガールが誕生しました。

ポーターならではの品質の高さやシンプルで美しいデザインはそのままに、フェミニンな要素を取り入れたカバンや財布が人気です。

 

ただ、ポーターガールには、革製とナイロン製のレディース財布があります。

ポーターのナイロン製の財布が、若者を中心に人気があるため大人が持つには恥ずかしいというイメージがあるようです。

 

ですが、ポーターの革財布は高級感があり、40代50代女性が持つのにおすすめの財布です。

 

だんだんと味が出る革製のアイテムは、経年変化を楽しみながら長く愛用できるでしょう。

革製の場合、長財布は27,000円前後、二つ折りや三つ折り財布は25,000円前後のアイテムが人気。

 

中でもシープレザーのコンパクトなミニウォレットは、大人可愛いくてプレゼントにもおすすめです。

 

ポーターガールの財布ユニウォレットを確認したい方へ

吉田カバン ポーターガール ユニウォレット財布を見てみる

 

40代50代でコーチの財布は恥ずかしい?貧乏くさい?

 

次に、40代50代でコーチの財布は恥ずかしいのでしょうか?

結論から言うと、40代50代の財布は、コーチのモノグラム柄は避けた方がいいでしょう。

 

なぜなら、モノグラム柄のコーチは、アウトレットで安く買えるイメージが強いからです。

 

そのため、40代50代が持つと貧乏くさくて恥ずかしい気持ちになる可能性があるでしょう。

コーチの財布について調べたところ、モノグラム柄についての口コミがありました。

 

具体的には

  • コーチのモノグラムはダサいイメージだったけど、シンプルなデザインは可愛い
  • coachってアウトレットあるから安いイメージ

 

 

口コミでもあるように、コーチの中でもシンプルなオールドコーチや革製品の財布は大人っぽく上品に持てるので40代50代にもおすすめです。↓

 

COACH(コーチ)の財布をチェック!

 

オールドコーチの口コミを詳しく知りたい方へ

オールドコーチ(coach)ダサい?古いデザインのバッグはださい? 

 

40代50代でヴィトンの財布は恥ずかしい?

 

では、40代50代でヴィトンの財布は恥ずかしいブランドなのでしょうか?

結論、40代50代の財布でヴィトンは恥ずかしいブランドではありません。

 

ただ、ブランド財布の代名詞とも言える、ルイ・ヴィトンです。

モノグラム柄の一目でルイ・ヴィトンと誰もがわかるデザインは、さりげなくブランド財布を持ちたい人は恥ずかしいと思う方もいるでしょう。

 

ただ、ルイ・ヴィトンは、デザインが先行されがちですが、ヴィトンの財布の最大の魅力は「丈夫さ」です。

傷や汚れがつきにくい特殊加工された素材を採用しているため、毎日使うアイテムながら10年以上も長持ちします。

 

また、ルイ・ヴィトンでは、製品を永く愛用するためのリペアサービスがあり、専属の職人が1点1点丁寧にリペアしてくれるのです。

このように、デザイン性に優れて丈夫なヴィトンの財布は、40代50代女性におすすめの財布といえるでしょう。

 

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)の財布を見てみる 

 

ヴィトンの人気財布、ポルトフォイユヴィクトリーヌについて知りたい方へ

ポルトフォイユヴィクトリーヌは使いにくい?使い勝手や口コミを紹介!

 

40代50代で付録の財布はずかしい?

 

40代50代向けの雑誌にも、有名ブランドとのコラボの財布の付録がついてることは珍しくありません。

とはいえ、付録の財布を40代50代が使うのは恥ずかしいのではないかと気になりますよね。

 

結論からいうと、40代50代が付録の財布を使う場合、サブの財布として使うのがいいでしょう。

やはり、付録の財布は、使われている素材、機能性、耐久性において40代50代が持つには上質さに欠ける面があります。

 

ですが、サブの財布として40代50代が持つには恥ずかしくないでしょう。

例えば、小分け財布として近所の買い物専用のカジュアルな財布としてつかったり、通帳やお薬手帳入れなどとして使われている方もいます。

 

「大人のおしゃれ手帖」の付録の財布をサブ財布としてセンスよく使われている方の動画があったので参考にしてみてくださいね。↓

 

40代50代でゴールドの財布恥ずかしい?

 

ゴールドの財布は風水において、財運を上げる効果があるとされているので人気があります。

とはいえ、40代50代がゴールドの財布を持つのは恥ずかしいのではなかと気になりますよね。

 

40代50代がゴールドの財布を持つのは恥ずかしいのでしょうか?

結論からいうと、40代50代がゴールドの財布を持っても恥ずかしくありません。

 

ですが、ゴールドの財布は、豪華で華やかなイメージがあるため、人によっては、それが過剰か、適切でないと感じることもあるかもしれません。

最終的には個人の好みが大きな要因になります。

 

他の人の意見はあくまで参考という考え方で、財布の選び方や使用方法に関しては個人の好みや判断を優先した方が良いでしょう。

 

ゴールドの財布を見てみる

 

まとめ

 

40代50代財布の恥ずかしいレディースブランドはどれなのか、ポーター・コーチ・ヴィトンの財布は恥ずかしいブランドなのか。

また、付録の財布やゴールドの財布は、恥ずかしいのかを紹介してきました。

 

雑誌でよくみかける財布や財布の中身特集。

なぜひとの財布に興味があるのか。たぶん、財布には「そのひと」がありありと浮き出るからだと思います。

 

どんな財布を選んだかも大事だけど、その財布の使い方に品の有無が浮き彫りになるもの。

生活感が出るお財布こそ、40代50代の大人の女性は、取り扱い方にも気を遣いたいものですね。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.